拡大床を用いた小児の咬合育成治療

こどもの矯正

当院では、顎顔面咽頭領域の自然な成長発育を誘導し気道を広げ、お子様の口の中の機能(鼻呼吸・噛むこと・飲みこむこと・発語など)を十分発揮できるようにすることで、歯並びを改善していくことを目的にした治療を行っております。


拡大床

拡大床顎の骨が小さく歯が並びきらない時に使用する装置です。
真ん中にある拡大ネジを回すと装置が広がり歯の並ぶスペースを確保します。
拡大床は、固定する太いワイヤー・歯列を広げるネジ・プラスチックのプレートから出来ております。
取り外し可能なので、お子様が家にいる間、寝ている間に装着していただくだけでお子様の顎の成長を利用し正しい位置に歯が並ぶように促します。


子どもの頃に受けることをおすすめします

こどもの矯正成長期のお子様は骨が柔らかいこともあり、大人の方よりも比較的スムーズに歯が動きます。
学童期は歯の生え変わりや顎骨の成長を利用できる唯一の時期でありますので、この時期の治療はとてもメリットがあります。

また、大人になってからの治療より、治療費を抑えることもできます。
個人差もありますが、顎を拡げるには6才ぐらいから治療をはじめ思春期までに一旦終え、大きな成長が終了してから矯正(2次)治療を開始するのが望ましいでしょう。


床矯正のメリット・デメリット

【メリット】
・幼い子どもでも予備治療ができる(目安:5才以上)
・取り外しが可能なので、装置を外してケアができる
・子どもの正しい成長を促すので、大人になってから初めて矯正するよりも効果的

【デメリット】
・しゃべりづらくなる
・装置を外してしまうと効果が出ない
・異物感や、違和感を覚えることがある


床矯正は顎の拡大治療です

従来の矯正治療では、歯を抜くことで歯が並ぶスペースを確保して矯正をしていました。
一方の床矯正においては、主に小学生くらいの時期(特に低学年が有効)にプレートを装着し、顎を拡げて歯が並ぶための充分なスペースを作ります。これにより健康な歯を抜かずに矯正がしやすくなるのです。

具体的には矯正装置を装着し、装置の真ん中のネジを回すことで顎を拡げていきます。痛みがないように少しずつ拡げて、歯を動かしますのでご安心ください。

拡大治療とはあくまで小児期に顎を拡大することですので、これだけで歯がきれいに並ぶものではありません。将来の矯正治療を円滑に進めるための予備治療とお考えください。


拡大床を使用した矯正費用

◆矯正相談 ......¥0
◆検査・診断......¥35,000
◆基本矯正料......¥400,000
 総計 ¥435,000

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております