うちの子まだ幼稚園だけど、歯並びが心配...今のうちに何かしてあげれることってないのかな?

こどもの矯正

乳歯の間の歯並びが悪いと、永久歯が生えてくる際も歯並びが悪くなる傾向にあります。
そこで、まだ永久歯が生えてくる前の時期に、取り外し式の装置などを使って早期に咬みあわせを誘導したり、顎の成長を促して永久歯が生えやすい環境に近づけてあげれば、あとで正常な歯並びになる可能性が高まります。
今のうちに正常な成長発育になるよう助けてあげることで、将来お子様が「しっかり噛めない・虫歯・歯周病・発音障害・顔立ちのゆがみ・肩こりや頭痛」といった苦痛を受けなくて済むようにもなります。

よい歯並びを保つことは、大人になってから後悔することの多い虫歯や歯周病に対する最大の予防といえます。

歯列の矯正が必要な歯並び

  • 上の前歯が出ている
    上の前歯が出ている
  • 歯がガタガタしている
    歯がガタガタしている
  • 下の前歯が出ている(受け口)
    下の前歯が出ている
    (受け口)
  • 上と下の前歯が咬み合っていない
    上と下の前歯が
    咬み合っていない

何歳から咬みあわせを誘導する治療をはじめたほうがいいの?

こどもの矯正 咬みあわせを誘導する治療をスタートする時期は一般的に永久歯が生え始める前の段階、4歳くらいから7歳くらいまでになります。
その後、引き続き治療が必要な場合は本格矯正治療へと進むこともあります。

幼児期に咬みあわせを誘導する治療をお勧めする理由
成長期のお子様は骨自体が柔らかく骨と骨のつなぎ目も緩い為、大人よりも比較的スムーズに歯が動きます。
学童期は歯の生え変わりや、顎骨の成長を利用できる唯一の時期でありますので、この時期の治療はとてもメリットがあります。

子供の間は口の中に装置が入っても慣れるのが早いので治療を受け入れてくれやすくなります。

かみ合わせ誘導治療のメリット

メリット1. 最終的な仕上がりがよくなる
顎の成長をある程度コントールすることにより、歯が並ぶ土台となる骨のバランスを整えることができます。
そのため、最終的に調和のとれた美しく機能的な歯並び・かみ合わせを得ることができます。

メリット2. 抜歯の可能性を減らせる
歯が正しい位置にはえるよう誘導したり、あごの正しい成長を促すことにより、永久歯がきれいに生え揃うようにスペースをつくりますので抜歯をしなくてすむ可能性が格段に上がります。

メリット3. 発音が明瞭になります
早期にかみ合わせを改善することにより、顎の正しい成長を促し、口の周りの筋肉や舌を良い状態に保ち、正確なはっきりした発音ができるようになります。

メリット4. 笑顔に自信を持てます
歯並びを整えることで、笑顔に自信が出てきます。

取り外し式の装置を使って治療する矯正法

当院では、最小の負担で最大の効果を目指すことを目的とした治療を行っています。
「固定式装置」の使用はできるだけ短期間に抑え、なるべく「取り外し可能な装置」の期間を増やすことで、痛みの少ない治療を行っています。

拡大床

拡大床 顎の骨が小さく歯が並びきらない時に使用する装置です。
真ん中にある拡大ネジを回すと装置が広がり歯の並ぶスペースを確保します。
拡大床は、固定する太いワイヤー・歯列を広げるネジ・プラスチックのプレートから出来ております。
取り外し可能なので、お子様が家にいる間、寝ている間に装着していただくだけでお子様の顎の成長を利用し正しい位置に歯が並ぶように促します。

取り外し式の装置を使った矯正のメリット・デメリット

【メリット】
・幼い子どもでも予備治療ができる(目安:4才以上)
・取り外しが可能なので、装置を外してケアができる
・子どもの正しい成長を促すので、大人になってから初めて矯正するよりも効果的

【デメリット】
・しゃべりづらくなる
・装置を外してしまうと効果が出ない
・異物感や、違和感を覚えることがある

治療費はどのくらいかかるの?

固定式装置を用いる一般的な矯正治療に比べて、「取り外し可能な装置」を用いた矯正は比較的安価に矯正治療がおこなえます。
とはいえ治療費の面で心配される患者様が多数おられるため、当院では無料相談をおこない、治療内容だけでなく治療費についてもできるだけ詳しくご説明しております。

床矯正の費用
実際にかかる費用は、お口の状態や製作する矯正装置・治療期間などによって異なってきますので、参考としてご覧ください。

拡大床を使用した矯正費用
内訳 価格(税抜)
拡大床 矯正 ¥210,000


カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております