人は年をとるとみんな歯を失うものと思っていませんか?

予防歯科

厚生労働省の調査では、日本人は50歳を過ぎると10年間に平均5.4本の歯を失っています。これに対してメインテナンスを定期的に受けている人たちは、平均0.7本しか歯を失っていません。その差はなんと8倍です。いかに定期的なメインテナンスが効果的か分かって頂けると思います。

しかし、日本人のメインテナンス率は全体のたった3%です。そのために60歳の時点で日本人の歯の半分以上が失われています。一方、予防歯科の先進国であるスウェーデンやフィンランドではメインテナンス率は80%以上。すでに80歳の人の平均で20本以上の歯を残し、一生入れ歯を入れることなく人生を謳歌しています。

下のグラフが示すように欧米の人々はむし歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。

日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では歯科医院は「むし歯や歯周病にならないため、口のお手入れに利用するところ」という考えです。

歯科医院の受診理由
予防歯科
結果、下のグラフにあるように70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。知っている方はもう始めています。是非、今から予防歯科を始めましょう。

80歳での残っている歯の平均本数
予防歯科

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております