矯正治療について

矯正治療

出っ歯や受け口といった悪い噛み合わせや、乱ぐい歯のような悪い歯並び(不正咬合)をきれいにする治療を矯正治療といいます。

矯正治療は単に見た目をよくするだけではなく、機能的な問題(噛み砕く能率、顎の運動など)の改善や歯周組織を含めた歯の健康の向上に関わっています。

悪い歯並びや噛み合わせのままですと、噛む力が落ちたり、個々の歯が十分機能しないために歯ぐきや顎の骨といった歯の周りの組織が丈夫になりません。また、唾液の流れが悪くなったり、歯ブラシがよく届かないことによって、むし歯や歯周病になりやすくなり、ゆくゆくは歯を失うリスクも高くなってしまいます。

口の中の健康は、単にむし歯を防ぐことやむし歯を治すことだけで得られるものではありません。よい歯並びと噛み合わせが加わってこそ長期にわたるお口の健康が得られるようになります。

矯正治療

歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

不正咬合と正常咬合

悪い歯ならびを総称して不正咬合といい、心身に大きな影響を与えます。

・食べ物が歯の間にはさまり、歯磨きがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。
・食べ物をよく噛み砕けず、胃腸に負担がかかる。
・上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
・上あごと下あごをつなぐ関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。
・咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる。
・構音機構(言葉を発生する機能)に影響して、正しい発音がしにくくなる。
・視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい。

正常咬合

良い歯ならびで良い噛み合わせを正常咬合といいます。

正常咬合になれば、多くの問題が解決します。

上下の歯が正しく噛み合い、歯の接触面積が広くなり、咀嚼効率が向上し、食べ物の消化・吸収が促進され、心身共に健康な成長発育が獲得されます。

治療は不正咬合を正常咬合にする歯科医療です。

矯正治療の流れ

初診相談矯正治療の流れ
問診や視診をしながら診察致します。
矯正治療を始める場合には、改めて精密な検査を致します。

次へ
精密検査
歯・顔の写真、歯・頭部のレントゲン写真、歯列の模型など、治療計画決定に必要な資料をお取りします。

次へ
矯正診断
精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法ならびに治療期間、矯正料金についてのご説明をさせて頂きます。

次へ
前処置
歯並びを悪くしてしまう癖の除去・歯磨きトレーニング・歯周病やむし歯等に対する治療を先に行います。
歯並びを治すために抜歯しなければならない場合などはそれらの治療を先に行います。

次へ
動的治療
治療計画に従い、いろいろな矯正装置を使って歯を動かし、段階的に治療を進めます。

次へ
保定~メインテナンス矯正治療の流れ
動的治療が完了すると矯正装置をはずし、保定(取り外し式の後戻り防止装置を装着します)にはいります。
保定を確実にすることにより、術後の後戻りを防ぐことができます。
その後、年に1~2回程度、検診を行ってまいります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております