インプラント治療とは?

インプラント

歯を失ってしまうということは物が噛めなくなってしまうことに繋がり、食事に制限が必要になったり、歯ぐきや顎骨などの組織を健康的に維持することが困難になります。その結果、精神的な苦痛や全身的な健康にも害を及ぼすことになり、人生の楽しみを失ってしまうことになりかねません。

第3世代といわれる現在のインプラント治療は成功率も高く、全世界の数百万人の方々が治療を受けています。

インプラント治療は人工歯根療法ともいわれ、歯の抜けた部分の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を入れて使用します。そのインプラントを支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラント

チタンは長年の基礎的、臨床研究からインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかりと結合(オッセオインテグレーション)すれば、その上に丈夫で安定した歯を作ることが出来ます。

入れ歯では満足することが難しかった「食べる」、「話す」こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことが出来るのです。

インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較

項目/治療法 インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
治療方法 歯の根の代わりになるチタンのフィクスチャーを骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法
対応本数 1本から、全ての歯を失った場合 数本失った場合 数本失った場合
周囲の歯や顎への影響 ・歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない
・歯を失った部分の骨が機能回復するため、やせない
・周囲の健康な歯を削る必要がある
・大きな負担が健康な歯にかかる
・歯を失った部分の骨がやせる
・周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる
・歯を失った部分の骨がやせる
審美 ・ご自分の歯に近い見た目 ・保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目 ・留め金が見える部分もある
清掃 ・ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃 ・ご自分の歯と同様に清掃、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃 ・はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃
治療期間 あごの状態によって異なるが、6か月から2年くらい。その後も噛み合わせのチェックなどは必要 周囲の歯の状態によるが2週間~2か月前後で装着。その後も調整必要 周囲の歯の状態によるが2週間~2か月前後で装着。その後も調整必要
欠点 ・簡単な手術が必要である
・保険適応外の治療となる
・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病やむし歯になる可能性がある
・支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある
・歯を失った部分の骨がやせてくる
・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病やむし歯になる可能性がある
・硬いものが食べられない
・浮き上がる、外れる心配がある
・外出先などでも取り外しをしなければならない

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております