歯科用金属とアレルギー

アレルギー疾患とは?
体に備わる免疫は、特定の物質を「排除すべき異物」とみなして抗体をつくり、攻撃を加えた結果、身体に炎症や障害を引き起こします。

代表的なアレルギー症状である花粉症は、花粉を「異物(=敵)」とみなした免疫反応によるものですし、アトピー性皮膚炎もホコリや特定の食品に対するアレルギー反応によって引き起こされるものです。

金属そのものは生体に対してアレルギー性を示しませんが、溶け出してイオンとなり、体の蛋白質と結合する事によって体がそれを異物とみなし、過剰反応を起こします。

むし歯治療の材料で手足に発赤?
金属アレルギーの症状として、直接金属のあたる部分がかぶれるだけでなく、手足や全身まで及ぶ事があります(掌蹠膿疱症・汎発性湿疹・扁平苔癖など)。

手に発生した掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と口腔内金属除去後の反応
歯科用金属とアレルギー

舌中央部に発生した舌炎と口腔内金属除去後の反応
歯科用金属とアレルギー

金属アレルギーによる皮膚や粘膜の病状には、直接触れる部位に起こる接触性皮膚炎の他に接触していない部位に起こる全身性接触皮膚炎があります。

全身性の皮膚炎は、金属から溶け出したイオンが直接触れている部分や唾液を介して経口的に血液中に溶け込み、体の他の部分へと運ばれます。皮膚や粘膜の蛋白質と金属イオンが結合し、体が本来持っていないタイプの蛋白質に変化します。この蛋白質に対して免疫細胞が過剰に反応するとアレルギーが起こるのです。

今現在、金属アレルギー反応のない方でもお口の中の金属によってアレルギーになってしまう恐れがあります。口腔内の金属アレルギーは金属を使用してから数十年を経て突然発症することも多く、すぐに症状が現れるとは限りません。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております