金属アレルギーに対する対策と治療

アレルギー一旦、免疫機構がが金属を異物として認識してアレルギーが生ずると、数年から数十年その反応がなくならないケースもあります。そのため、金属アレルギーは「なってしまってから改善する」よりも、「なる前に防ぐ」方が望ましいと言えます。

お口の中にアレルギーを引き起こしやすい物質が存在する事は、常に金属アレルギー発症の危険にさらされている事になります。今までなんとも無かった方でも、年月と共に金属アレルギーになってしまう可能性があります。

金属アレルギーの自覚がない方でも、全身における、様々な不快な症状、皮膚炎などがあるようでしたら、もしかすると知らないうちに金属アレルギーになっている可能性もあります。

現在、金属アレルギーでお悩みの方や金属アレルギーを予防されたい方は、お口の中にある金属アレルギーを引き起こす物質を検査し、必要に応じてそれらを除去し(原因除去)、金属アレルギーを起こさない材質(セラミックやレジンといわれるプラスチック)に交換することが望ましいといえます。

当院では皮膚科と連携してアレルギー検査を受けて頂き、適切な原因除去ができるようにしております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております