再発を防げば、歯は守り・残すことができます

院長再発・再治療を極限まで防ぐ

悪いところを削り詰め物をして、再発すればまた削る。
従来の歯科治療は、そうやって繰り返すことが当然とされてきました。

しかし再治療にも限界があります。削っていくうちにやがて歯は壊れていきます。患者さまに負担をかけて治療をしても、やがて歯を抜かなくてはいけなくなるのです。

特に保険診療での金属の詰め物による治療では、金属をぴったり詰めるスペースを確保するために歯を患部より大きく削る必要があります。金属は歯と接着しているわけではないので、その隙間から細菌が象牙質に入り込み、むし歯が再発することが多くなります。そのため、治療してもまたむし歯が再発するというマイナスのスパイラル(悪循環)に陥っていくのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております