なぜ自由診療があるのか

日本には国民皆保険制度があり、保険証さえ持っていればどなたでも平等に経済的に心配なく医療を受けることができる世界的にも恵まれた制度があります。

なぜ自由診療があるのかこの制度が創設された昭和35年当時はむし歯の洪水と呼ばれていた時代で、歯科医院の前には行列ができているのが当たり前でした。

溢れかえるむし歯を減らすべく保険制度のもと、安い材料を用いて短期間で「削って」「詰めて」「被せて」その出来高に応じて診療報酬が支払われるという、いわば薄利多売を強いられる方向で進んでいきました。


そして今現在も多くがその頃の治療のやり直しによって保険治療が存続している一面があります。

なぜ自由診療があるのか

しかし、時代は変わり生活が豊かになると人々の健康に対する価値観も変化し、健康保険の画一的な処置では健康意識の高い人々の、より体に優しく、美しく、自然にといったニーズに応えられない状況になりました。

そこで発達してきたのがその患者さまに最適の材料・技術、十分な時間をかけて行う自由診療なのです。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております