より精度にこだわる治療、繊細で低侵襲の治療のために

マイクロスコープなぜ、いまマイクロスコープなのか。

歯科用マイクロスコープが開発されてきたとはいえ、日本に於けるその普及率は2009年の時点で全国の歯科医院数のわずか2.9%といわれています。

私がマイクロスコープを導入している理由は2つあります。

1つは審美治療において、セラミックの被せ物などと歯肉との境界部分を超精密に仕上げて天然の歯と区別がつかないほどの自然な仕上がりを得るとともに、段差を極限まで無くして細菌が溜まりにくくすることで歯ぐきを美しく健康に保つため。

2つ目は歯ぐきの形成外科手術を行う際にできるだけ薄いメスや細い針、糸などの肉眼では扱えない特殊器具を使用するマイクロサージェリー(微細外科手術法)を行うことで、患者さまの負担を最小限にとどめ、緻密で繊細な処置を行うため、傷の治りが早く、傷跡が非常にきれいに治るため。

マイクロスコープ

すべては最高の治療結果が長期に渡って維持されるようにする為に、私がいきついたのがマイクロスコープを使用したミクロの世界の歯科医療です。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております